統合 ---PHOTO SESSINを経て---

今朝。
(↑と言っていたのは4/15。)

わたし完成した。

もし今までやってたのが
ほんとうの自分に還る道だったのだとしたら
そこにたどり着き、
そしてね、ここからが新しいんだけど、
たどり着いた!で終わらずに
そこをすぎて
歩いている、先へと進み続けてる。
統合されたわたしのまま。

今まで
こうゆうここまで来た!っていう感動は
わたしをここまで連れて来た!
て感覚で。
ここまで来たか。ここまで連れて来てくれたか。
ってゆう、その地点に立つ感じ。

今日(4/15)のは
過去のわたしに感謝してた。
ありがとうね〜キツかったよね!
ありがとうね〜ほんとによくがんばったね!
ありがとうね~よくやれたねぇ
って
労わり労う気持ちが。
そして立ち止まってはいないの。
ずんずん進みながら、振り返り、
きっつかったよねえ〜〜
って。



この感覚、まったく違う。


ここまで来たか〜〜
ポイントだった。
そのポイントを踏んで、クリア!
そこに立ててることそのものに喜ぶ。

次、あのポイントね!
よし行くぞ〜〜、とか。


今回はさ、
ほんとに完成形をみた。

ああ、光とは、こんなにも
なんでもないところにすら
溢れている

ぐうの音もでないほど
やられちまったのだ、
わたしの放つものに。





撮影会の日
その時間は
ただ、ありのままであること
それだけだった。

楽しくて楽しくて
くつろぎ
自由で
空っぽで
満たされてた。

楽しくて楽しくて。

自分の姿は見えないよね。
だから
一緒に過ごす光が
放つ美しさに心打たれ涙ぐみ
笑い佇む。

その時間をともに居た
というだけで
人とともに居る時自分がどう在りたいか
がわかる。

写真を撮るということは
仕上がったものを見せていく
という目的がもちろん一番のつもりだった。
けど
みんなとわかれるとき
わたしはすべての目的を果たした
このうえない満足に満たされてて清々しかった。
写真、見なくていいやくらい。

ところがですよ。
マッハの光で仕上げてくれたひろこさんの愛によって
表現されたものを見たら。。。

ぐうの音もでません。
出るのは涙のみ。
言葉にならん。
剥き出しの魂のただただ美しさに
感じ入るだけ。








お泊まり会、あるよね?
最後まで眠れなかった。
ひとつも聞き逃したくなかったから。
逆に
1番早く寝たふりをして
そのあとに繰り広げられる秘密の話を
盗み聞くために起きていた。

そんなわたし。

いろんな学びをしていても
その時間が有意義で大切なものであればあるほど
その場を離れがたく
いつも教室を出るのが最後になった。

そんなわたし。



いつからなんだろう。
そこに居なくてもいいと思えたのは。


この日は
用事があるから、先に帰るってことを
かけらも惜しむ気持ちがなく、
居なくなったあとの様子を見ても
羨んだり悔しくなったりせずに
あったか〜い気持ちで見ていた。
その空間さえ嬉しく眺めていた。





もう、存在を証明する必要はない。

誰かに、承認してもらう欲求もない。


だって

もう在る。

ずっと在った。



魂が、肉体に還ってきた感じ。

ううん、もう、“そう”だったよね。

魂と肉体と光は一体。

“それ”を観ることができる。






嘘も

無理も

自分以外のこと


なんにもない。




信頼

在ること

光と

手放し

純真

真実

それらしかなく。





なんて尊いわたしたち。


なんて美しいわたしたち。







PHOTO SESSION  ・ Hiroko Ishiguro












a0355483_22445991.jpg



ただただ
光を映し取るひと

そのどこまでも透き通る眼差しに

映し取られるほんもののあなたに

会おう。






わかったこと。

ひろこさんはどこと話をしてくれてるんだろう?
と思うことが多々あるけど

わたしの場合は
わたしのちび(インナーチャイルド)
繋がっててくれてるとわかった。

この上なく安心したよ。

言っても言っても尽きない

ありがとう、寛子ちゃん♡










Copyright© 100andblessing All Right Reserved.

by 100andblessing | 2016-04-27 23:32 | BREATH OF LOVE | Comments(0)