おめでとー

きゃきゃ~ん すと~~~~っぷ!!


Can't Stop!!-LOVING- 1991.09.09











# by 100andblessing | 2012-09-09 01:06 | ブログ | Comments(0)
昨日は、うお座で満月。

1月に2回目の満月を、ブルームーンというそうです。



昨日、24時過ぎ頃だったかな、満月を見上げに

ベランダに出た。

ほぼ真上に上がった満月は、とてもきれいで

その月明かりに照らされて、街もなんだかきれいで。

月光浴で浄化されている様が、

胸にぐぐぐっとキた。



世界は、きれい。



地球は、美しい。



そんなことを、感じた。

素晴らしい風景の場所へ行かなくても日常の

毎日みている景色の中にも、

尊さ、美しさ、癒される気持ちを受け取れる。

ずっとずっと浴びていたい

いつまでもそのしあわせな気持ちの中に居たいと

思う光だった、昨日の満月。




最近、ほんとうに、空がきれい。

夕暮れの空がほんとうに、ハンパなくきれい。



こないだは、大きな天使がばっさーーーと翼を広げて

地球を包み込みながら夕日の方へ飛んで行ってる、

みたいな、

そんなような感じに見える雲が夕陽に照らされていたりしてる。

ずっと見て居たいようなピンクとペールブルーの空や、

真っ青な空と真っ白な雲の間に、オレンジの光をキラキラ

放つ太陽がうまいこと包まれていたり。



宇宙はこんなにも地球を愛してくれているんだな

って、不思議とストンとそんな気持ちになる。







最近、どんな美しい空を見た?









# by 100andblessing | 2012-09-01 22:32 | ブログ | Comments(0)

わたしが一番苦しかったのは、

“自分がなにをしたいのか、わからない。”という状態だった時。

それって、どこにも行けないでしょう?

何かにがんじがらめになって、重たい足かせに繋がれて

苦しいだけ。

例えば、“夢”と言われているもの、それって

なりたい職業とか、理想の自分とか、具体的な目指す先が見えていれば

そこへ向かってひたむきに進むことが出来る。

どうしようもないのは、行き先が、ないと思っちゃったりとか、

わからなくなっちゃってるとか。



それを、知るたったひとつの方法は



自分の気持ちに従う



って、それだけだったんだよ。




それが、出来ない頃があった。

でも、

出来るようになったんだよ。







自分を行きたいところへ連れていってあげよう。














# by 100andblessing | 2012-08-22 23:04 | ブログ | Comments(0)
暑い(汗)





今日は、ホロスコープから自分の質と、運気とのうまい付き合い方を

勉強してきた。



まだ、もう少し、星的観点から自分を知りたくて。



で、結果

わたし、もう迷ってない。

ほんとに。

やっぱり。



落ち着いてるわ、すごく。





去年の秋くらいから、世の中でマヤ歴のおわりのくだりが言われてた時に

気になって、数回、マヤ歴と占星術のワークショップに出て、星の流れが

どんな風に自分に、みんなに、世界に関係してるのかを教わった。



その頃は、まだ、こんがらがって、いろいろに縛られて、もがいて

苦しい頃だった。

だから、自分を責めたり、人をうらやんだり、自分のポジションをあるとか無いとか

気にしたり、“あなたたちはいいよね”的なひねた感じ、“自分にはなにもない”

みたいな人が持ってるものを自分は持ってない、無力感とかがたっぷりだった。



でもね。

今は、ないわ、そうゆうの。




オーラソーマを深めていってるから。



オーラソーマは、全部、自分が知ってる、持ってる、受け取ってる

ってことを教えてくれるから。



かけがえのない自分を、愛せるようになる。




今日のセミナーも、少人数で、シェアしながら

ふむふむと自分を知っていくものだったけど、

ほんとするするっと腑に落ちていく。



もう、動き始めているから

自分を活かすことに決めてるから

納得。






たったひとつの自分を生きよう。








# by 100andblessing | 2012-07-28 00:15 | ブログ | Comments(0)

まだ途中だからね。

“やれてない”
“出来てない”
“成れてない”

焦ったり、責めたりしないでも大丈夫だからね。


まだまだ途中だからね。


向かっているよ。

進んでいるよ。

大丈夫。










# by 100andblessing | 2012-07-25 12:47 | ブログ | Comments(0)